心身統一合氣道とは

​ 心身統一合氣道とは相手を理解し、導き、投げる武道です。人を投げる以前に、まずは相手の事を理解しなければ、導くことはできません。相手を理解するためには、まず自分の心が静まっていなければいけません。それには基の「姿勢」が重要です。

 心と身体には明確な枠があるわけではありませんが、ひとつ喩えるなら、水と器の関係に似ています。器に水を注いだとしましょう。注ぎ初めは器の中の水面は波立っています。水面が静まるには、器ごと安定した場所で放っておけばよいのです。しかし、器が傾いていたり不安定だと、水面は静まりません。心を静めるのもこれと同じこと。

 心(水面)を静めるには、まず姿勢(器)が整うことです。お稽古の基本は姿勢を整えるところから始まります

 こうして相手を理解する土台ができたら、今度は心の使い方を学びます。「相手を倒す」という心の使い方では、「力の強弱」で結果が左右されます。心身統一合氣道では「相手を手伝う」という心の使い方で初めて、相手を導き・投げることが可能となります。

 特にお子様には情操教育として心身統一合氣道は最適な武道です。

CLASS
​子供クラス

子供クラスとは、5歳〜中学生までが対象の心身統一合氣道のクラスです。子供クラスに大人も参加できます。親子でお稽古しませんか?

​合氣道合同クラス

子供も大人も心身統一合氣道の実技を一緒に学ぶクラスです。五歳から社会人までお稽古できます。

​大人クラス

大人クラスとは、中学生以上の学生から社会人までが対象のクラスです。心身統一合氣道で学ぶ総てをお稽古できます。

​氣と剣杖クラス

​氣と剣杖クラスでは、中学生以上の学生または社会人が対象のクラスです。特に氣と剣技・杖技・武器取りなどを専門に学ぶクラスです。

© 2018 by Samasa Bland. Proudly created with Wix.com